« MOT徒然日記の影響 | トップページ | 製品オリエンテッド »

売れる商品

今持っている携帯のジョグダイヤルってのが接触不良で誤動作ばかり
するので、携帯を買い換えることにしました。新しい機種は、preminiって
いう、めちゃ小さいやつです。

img_premini.jpg

さすがに、iモード携帯世界最小を謳うだけあって、半端じゃなく小さいで
す。見せびらかすつもりなく、会社の同僚や知人の前でメールチェックを
していると、「え、これって…」と一様に驚いてくれます。で、持ってみて
さらにびっくり(@_@)。面白かったのが、学校の合宿(詳しくは
MOT徒然日記をご覧あれ)の帰りに特急電車に
乗ったとき、隣に座られた子ども連れの奥さんが「それってpreminiですよ
ね、今持っているFOMAが故障してて、直らなかったらそれを買おうと
思ってるんです」と声を掛けてきたことです。まさか、ケータイで見知らぬ
人と会話ができるとは…。

確かに、preminiという商品は、中身はそれほど新しくない
ですが、基盤実装を徹底的に工夫することで世界最小を実現したそうで
す。特徴がはっきりしている商品というのは、好き嫌いはあるかもしれま
せんが、持つ人にある種のステータスというかその商品を選ぶ理由を
他人に誇れる気持ちを持たせてくれます。ウォークマンにしても、技術
的に革新的なものはなかった(当時としたら)わけですが、横文字で言う
ところのコンセプトが革新的だったから売れたわけです。古い言葉かも
しれませんが、「とんがった商品」だったわけです。

最近の商品は、高性能を売り物にしているものの、デジタル家電は正直
言ってどの会社でも似たような機能を実現することは以前よりもたやすく
なっているため、結果的に消費者にとってどの会社の製品も大差ない
ように思えてきます。例えば、DVD付きHDDレコーダーだったら、DVD
へのダビングが早かろうが、HDDの容量がばかでかかろうが、「それで
?」という気持ちになります。結果、CMのイメージやブランド力で勝負
する結果になります。マーケティング戦略としたら間違っていないわけ
ですが、製品開発をしているエンジニアからしたら残念な気持ちがする
ように思えます。

このあたり、MOT的にどう解決するのか、面白い課題だと思います。
答えはありませんが(^_^;)。

#この話題、MOT徒然日記にふさわしいんですが、自社製品の
#宣伝と思われるのが嫌だったので…

« MOT徒然日記の影響 | トップページ | 製品オリエンテッド »

企業経営・技術経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« MOT徒然日記の影響 | トップページ | 製品オリエンテッド »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ