« 2004年9月 | トップページ | 2005年2月 »

2004年12月

品川にラーメンテーマパークが!

たまには柔らかい話題を。

会社の近所である品川にラーメンテーマパークができたと聞いたので、早速行って
きました(^^)。名前は品達。まあ、品川にありますからベタなネーミング。

品川という場所は、海側が大規模な再開発をした関係もあり、意外とオフィス人口が
多い地域になりました。で、そこそこ飲食街もあり、夜間人口も多いのですが、定番
であるラーメンだけは品川プリンス近くの「風神」と海側にひっそりある「二郎」くらい
で、何となく寂しい思いをしていました。

そのあたりを京急が読んだのか、京急のガード下に有名店を7店舗も集めたラーメン
テーマパークを作ったわけです。

ラーメンブーム自体はもう峠を越えたかな、という感があり、どんなもんだろという気
持ちがあったのですが、実際に行ってみたら全ての店舗で行列が(^_^;)。オープニン
グセールは終わっているので、まあ、物珍しさもあると思うのですが、予想以上の
人出でびっくりしました。

私は、有名店ながら秦野という東京からちょっと遠い場所にあり、今まで支店を出し
ていなかったので行きそびれていた「なんつっ亭」へ。
ここは熊本ラーメンで、微妙な焦がし方で香ばしさを醸し出しているマー油が有名で
す。実際に食してみると、確かにマー油の香りがいいですね(^^)。しかも、トンコツ
スープは生臭くなく、どんどん行けてしまいます。

お客さんもそのあたりを十分知っているせいか、一番の行列で店にはいるのに1時
間、店の中でも並んで最終的に食べられたのがその20分後。まあ、暇と言われると
それまでですが、有名店は仕方ないかな、と。

会社からも近いですから、もう少し落ち着いたら順番に7店舗食してみようかとも
思っています。こう思わせるのも、ラーメンの単価が安いからでしょうね。中華料理の
はしごはしようと思っても高いので…。

なお、デジカメはすっかり子供撮影専用となってしまい、持参しませんでした(^_^;)。
そのうちなんかの機会に補充しますね。

知財人材教育のやり方(その2)

皆さん、ご無沙汰していました(って期待されてなかったかも(^_^;))。学校の修論の
準備などでしんどい生活をしていまして…MOT徒然日記すらも更新できなかった
ので。

さて、相変わらず真面目な話題ですいません。前の記事でご紹介した知的財産
専門職大学院が11月30日に無事文部科学省に認可されたそうです。認可され
たのは東京理科大学と大阪工業大学の2校。

そのうちの、東京理科大学の知財専門職大学院の紹介ページが本日(12/2)
更新されたようです。
ここの教員のメンバーを見てびっくり。私が知財協やら経団連でおなじみの方々
が大量に専任教授、助教授になっています。この方々、確かに定年間近なので
しょうが、それにしても「教授」っていう言葉は魅力的なんですね。結構驚きだっ
たのは、特許庁の審査官でありながら特許評価の第一人者だった鈴木公明氏
や、某特許管理会社に在籍する、知財制度全般に造詣の深い藤野仁三氏が
専任教授、助教授に転身されたこと。結構勇気が要ったのではなかったかな、
と。それから、大阪工大で教鞭を執っておられる丸島さんも専任教授だとか。
今は弁理士副会長ですが任期1年なので次は教授かぁ、と。

まあ、馬場錬成氏が専任教授ってのは議論の余地が大幅にありそうですが。
このあたり、どうなんでしょうねぇ。

カリキュラムを見ると、自分にとっては今ひとつ魅力がないのですが、弁理士志
望の人にとってはこれだけみっちり勉強したら試験合格も簡単そうだな、と思え
ます。もしかしたら、企業知財部の優秀な面子を国内留学させることも真剣に
考えた方がよさそうですね。

ただ…自分が学校で研究しているような内容を教えられそうな人は相変わらず
いないようです。別に自分のオリジナリティを誇張したいのではなく、自分が
興味を持っている内容はまだまだマイナーなのだな、とため息が出ました。
蛸壺知財部員に今求められているのは、経営陣や技術企画の面々と対等に
議論できる知識と見識ではないかと思うのですが、カリキュラムの内容は
どこまで行っても企業知財部であれば得られるものばっかりのように思え。

« 2004年9月 | トップページ | 2005年2月 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ