« 2005年3月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年2月

音楽のデジタル化で思うこと

いやぁ、1年ぶり近くの書き込みになってしまいました。最近は子育て
驀進中で全然余裕がありません。しかも、夜に弱い体質になってしま
い、昔は夜は2時、3時まで平気だったんですが、今は8時間寝ないと
睡眠不足になってしまうので、12時を待たずに床についてしまいます。
これじゃ、何もできませんね。

こんなぼやきはさておき、久しぶりの話題は肩が凝らないところから。
タイトルは結構仰々しいですが、要は昔聞いていたアナログ盤が、最
近マスターテープからリマスタリングしたCDで発売されていたのを買っ
てみたらびっくり!というお話。

昔(25年くらい前ですから十分昔)、女子大生のアイドル的存在だっ
たニューミュージックのグループ、名前はオフコースというグループの
ファンで、LP盤は欠かさず買い、コンサートにも足繁く通っていました。
25年前といっても、実はCDが1981年に発表されたので、CDが
発売される直前の時期なのですが…。オフコースはその当時として
は音質に非常にこだわったグループで、ミキシングをアメリカの西
海岸にいるビル=シェニーという有名なミキサーに頼みに行ったりし
ていました。ですから、リアルタイムでアナログ盤で聞いていた頃は、
「なるほど、これはいい音だ!」と悦に入っていたものです。

去年になって、オフコースデビュー35周年ということで、東芝EMIが
企画盤を制作しました。どんなのかというと、東芝EMIが所有してい
るマスターテープを24bitデジタルリマスタリングしてCDにしたので
す(こんな特別ページまで作っています)。
three_and_two

幾つか既にオフコースのCDを持っていた自分も、やはりこれは買わ
ねば!とまんまと東芝EMIの戦略に乗せられて一気に買ってしまい
ました。25年前の当時にアナログ盤をさんざん聞いていますので、
大体の音は記憶していますから、早速CDを聞いたところ、全然違う
曲に聞こえるくらい違うのです。当時としてはステレオセット(この
言い方も古いですね(^_^;))にかなりの金をかけていたので、決して
悪い音を聞いていたつもりはなかったのですが、それでも全然違う。
何だったのだろう、と愕然としてしまいました。

音楽のデジタル化については、主に著作権の観点からすると決して
いいことずくめではないような言い方をされますが、こと個人的使用
に関して限れば、やはり圧倒的な質の差をもたらすことで格段の
向上があったのだ、と改めて思い知らされました。そう、個人的使用
に限定して、かってにコピーして配布しなければ、なんですよね。

音楽のデジタル化についてはまだまだ書きたいことがあるのでいずれ。

« 2005年3月 | トップページ | 2006年8月 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ