« 著作権に思う | トップページ | 職務発明日立製作所事件に思う »

自作PCは楽しい!?

最近、思い出したようにパソコンへの興味が復活してきました。一番の理由はWindows Vistaが来年初頭にはリリースされることと、IntelがCore 2 Duoという新しいMPUを発売したことです。この2つが組み合わさるとどんなPCになるんだろう、とわくわくしてしまいます。

Windows Vistaがリリースされることが明らかになったので、家にある自作PCも少しアップグレードを図ることにしました。マザーボードは明らかに現在の規格から取り残された古いものなので、ハードウェアはメモリを増設する程度で済ませ、OSを今の2000からWindows XPにすることにしました。せめて、これだけのアップグレードをしておけば、あと寿命が2~3年は延びるでしょう。最近はMicrosoftが古いOSに対してどちらかというと冷たい(古いOSに対するパッチモジュールの提供をさっさと止めてしまっている)ので、現時点での最新版OSにしておかないと怖いのです。

この自作PC、5年前に作ったときは12~3万円かけて作りましたが、その後細かい部品交換などで結構金がかかっています。モニタをCRTから液晶にしたり(その頃で7万円)、キーボード、マウスが壊れたのでその交換をしたり、CD-RWドライブをDVD-RWドライブにしたり(これは最近なので7000円程度で済みました)、結構手を掛けています。とは言え、自作PCマニアからすれば金をかけていない方だと言われそうですが。元々メールとウェブとオフィスソフトが動けばいいので、スペックの高いPCが欲しいわけではないですから、高性能PCがどうしても欲しいという気持ちにはなりません。部品交換で余ったパーツがごろごろしている人から比べればまだまだかもしれません。

ただ、自作PCというのは、ある意味で大人のおもちゃいじりという気がします。色んなパーツを買ってきて如何に安く、あるいは如何に高性能な自分好みのPCを作るか、という点であくせくするわけです。時には自作することで市販のPCよりも高価になることだってあります。それでも自作PCが止められないのは、自分だけのPCを自分の手で組み上げることの喜びに代えられるものがないからでしょう。自作PC派はPC所有者の中で極めて少数派だと思いますが、根強い人気があって雑誌も取り上げるのはそれだけのニーズがあるからなのだと思います。ああ、自分も金さえあれば…。

« 著作権に思う | トップページ | 職務発明日立製作所事件に思う »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 著作権に思う | トップページ | 職務発明日立製作所事件に思う »

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ