« 液晶テレビ戦争を傍観して | トップページ | トップマネジメントとの距離 »

テレビ購入の結末

毎日更新しようと思っていたブログですが、ここ2週間ほど業務多忙のために更新がかなり遅れています。あと2週間ほど多忙な日々は続くと思うので、更新が遅れがちになることをお許しあれm(__)m。

さて、前の記事の続きです。結果的にB社の液晶テレビを購入することにしました。それも社販が一番安いというびっくりなおまけ付きで。最近は家電量販店がびっくりするような値付けをしてくるので、社販なんてとタカをくくっていたのですが、今回は刺激的かつチャレンジングな値引きをしてきたので、それではその波に乗ろう、ということでB社製品(いい加減伏せ字にしても分かりますよね)を買うことにしました。

ただ、ぎりぎりまで値段の調査は続けていて、前に書いた量販店以外の他の家電量販店にまで足を伸ばしてみてみました。今度は、40型だったらプラズマがいいと言われて液晶テレビよりもプラズマを薦められました。確かに、プラズマは構造的に残像が非常に少ないので動きの多い画面(例えばカメラをゆっくりとパンするとか)を見るときにくっきり見えて大変良いのですが、これも構造的に画素を微細化することは困難なので、40型でフルハイビジョンを表示することは現状できません。また、硝子の塊なので全般的に重く、また消費電力も大きいという難点があります。とは言え、今回薦められたプラズマは前面にあったガラス板を省略することができた構成で、このために液晶テレビ並の重量と消費電力を実現できたとのことで、一瞬心がぐらりと揺れましたが、やはり微細画像の誘惑には勝てず、上に書いたとおりの結果となりました。

あとは配送される日々が待ち遠しいです。早く地上デジタルを存分に見て楽しみたいですね(^^)。

« 液晶テレビ戦争を傍観して | トップページ | トップマネジメントとの距離 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 液晶テレビ戦争を傍観して | トップページ | トップマネジメントとの距離 »

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ