« パテントトロール雑感(追補) | トップページ | 特許行政年次報告書2008年版が公表されました »

研究者になりたいけれど

今日は愚痴です。

MOT社会人大学院を卒業して3年が経過しました。丁度卒業する頃にMOTの博士課程(正確には博士後期課程と言うんですよね)が設けられるという話を聞き、進学しようかと思ったのですが、社会人大学院を修了するだけでも結構な身体的負担があり、これを続ける自信がなかったので諦めることにしました。ただ、以前のBLOGにも書いたように、研究をしたいという意志は元からあったので、いずれは…と思っていました。上に書いた博士後期課程へは数人進むという話はどこかから漏れ聞いていました。

最近、自分が出身のMOT社会人大学院のHPを見ていたら、博士後期課程に進学した人たちが研究員待遇で非常勤講師として社会人大学院で教鞭を執っていることがわかり、ちょっとびっくりcoldsweats02こうやって実際に研究職に就いている人たちを見ると正直羨ましくなってしまいます。

現実問題として、研究職に就くためには博士号が必要だろうと思っています(博士号が無くても教鞭を執っている人はものすごい数いますけど)。そうなると2~3年間社会人大学院と同等、もしくはそれ以上の身体的負担がかかることと、研究職に就いた際にどの程度の収入が保証されるのかという課題を抱えることになります。これらを解決できるかどうか、否、これらの課題はいくら考えてもその場に立たないと解決できるかどうかわからないので思い切ってしまうのか、その当たりでずっと悩んでいます。

まあ、まずは知財戦略コンサルタントになるのが先だと思うのですが。それから二足の草鞋を履けるか考えることにします。

« パテントトロール雑感(追補) | トップページ | 特許行政年次報告書2008年版が公表されました »

企業経営・技術経営」カテゴリの記事

知的財産/特許」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« パテントトロール雑感(追補) | トップページ | 特許行政年次報告書2008年版が公表されました »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ