« 企業内弁理士の務め | トップページ | 白物家電とグローバル化と低価格路線 »

特許事務所の経営を想像するに

今日はちょっと自分には難しい話題を。何故かというと、実体験が無いことを書こうとしているからです。

前回のBLOGの記事で企業勤務の弁理士のことについて簡単に説明をしましたが、大多数の弁理士は特許事務所に勤務し、また、結構な割合で特許事務所を経営している弁理士がいます。そもそも弁理士合格者は独立志向が高い人が多いですから、例え小規模な特許事務所であっても自らの手で経営したいと考えるのは素直な成り行きと言えます。

特許事務所の経営は何で成り立っているかを考えてみます。特許事務所の人材育成はとても大きな要素です。特許事務所の評価は畢竟アウトプットである明細書であれ中間処理であれこれらの質、言い換えれば権利活用に堪え、しかもできるだけ広範囲な権利を取得できるかによって行われますから、このような質の高い仕事ができる人材をいかに育てるかという課題は不断に考慮されなければなりません。ただ、特許事務所の業界は基本的にどの特許事務所でも同じようなスキルが求められ、処遇の善し悪しで簡単に転職してしまうところなので、折角時間と金を使っていい人材を育成しても簡単に他事務所に転職するおそれはあります。この問題は別途考えなければなりません。

特許事務所を組織として運営することも重要な要素です。特許事務所とて何らかの組織としてのミッションがあり、日々発生する課題に対して迅速かつ適切に対応を求められます。管理という言葉を使うと独立志向の高い弁理士は結構嫌がるのですが、特許事務所とて一個の有機的な組織ですから、組織のマネジメントは非常に重要な要素です。特許事務所の組織は個々の事務所によって結構違うという印象を受けています。特許事務所が創業者である所長弁理士一人の時代からどんどんと社業が成長して人数が増えてくるに従い、同質のアウトプットをタイムリーに出せる集団としての特許事務所に変貌する必要があります。自分の経験で行くと、一人の上司が管理できる集団としての人数は10人程度が限界ですから、人数が増えてくるに従い右腕としての管理者(マネージャーと言った方がいいですかね)が何人か必要になります。こうなると、集団としての事務所経営に形態が変わってきます。自分が外部から見ていると、集団経営にすんなり移行してしまう特許事務所となかなか移行できない(あるいは経営者の考えとして移行しない)特許事務所とにきれいに分かれるように思えます。

顧客である企業の要求に的確かつ迅速に応えることも重要な要素です。代理人としての矜持は持ちつつ、企業が望むアウトプットを出力し、時には企業が望む以上の品質のアウトプットを出力してプロフェッショナルとしての仕事を全うしなければなりません。ただ、アウトプットのバランスは結構難しい問題です。と言うのも、企業が個々の出願案件に望むアウトプットの品質はかなり異なり、重要特許として捉えていて全力を尽くして権利化に邁進して欲しいものもあれば、関連特許として捉えていて全力を尽くすほどの案件ではないとの判断がされているものもあります。理想論からすれば全ての案件に対して全力を尽くすべき、いや逆に出願人からすれば無駄な特許は出願しないとの方針に立つべきではあるのですが、特許の評価は刻々と変化しますから、全ての案件に注力するのは現実には困難です。特許事務所としては、顧客である企業の要求を読み取り、顧客の満足を第一にする体制作りが必要です。

特許事務所の場合、通常の企業では当たり前に行われている自身の得意分野の定義づけ及び方向付けという要素はあまり重視されていないように思います。電気/機械/化学といった大まかな分け方はしますが、「この分野の特許であれば○○特許事務所」という定評があるほど細分化された専門分野を持つ特許事務所は少数派です。逆に言えば、こういった定評があるほど細分化された専門分野を持つ特許事務所はコア・コンピタンスを持っていると言えます。

最後に、知財コンサルティングと特許事務所との関係を。特許事務所は出願手続きをして代理人費用をいただく構造になっていますから、必ずしも出願手続を第一の解決手段としない知財コンサルティングは特許事務所にとって直接的に稼げる仕事ではありません。しかし、大手企業が全般的に出願件数を絞り込んでおり、また、大手企業の場合、発明の源流に遡って発明を創出する作業にまで関与できない(その作業は通常企業知財部の仕事ですから)ですから、特許事務所にとって発明創出の源流に遡ってダイナミックな作業が行える中小企業向けの知財コンサルティングは魅力的な仕事だろうと思います。この点に絞り込んでコア・コンピタンスを確保できるほど専門化してしまえば、かなりの競争力を確保できるだろうと思います。ただ、上に書いたように出願手続中心の物の見方をしていたのでは知財コンサルティングの適切なソリューションは得られないだろうと思っています。この点、このBLOGでも書いたことがありますが、誤解されないようにと願っています。

« 企業内弁理士の務め | トップページ | 白物家電とグローバル化と低価格路線 »

知的財産/特許」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 企業内弁理士の務め | トップページ | 白物家電とグローバル化と低価格路線 »

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ