« 知財戦略を立案するのは誰 | トップページ | 「オープンイノベーション」を読んで »

知的財産専門職大学院

知的財産に関する専門職大学院は、現在日本で2つ(東京理科大学大阪工業大学)開講されています。この知的財産専門職大学院、結構幅広い人材を集めているようです。

ただ、自分にとって幾つか疑問に思えるところがあります。

一つは、この知的財産専門職大学院、育成する人材としてどのようなイメージがあるのか、多岐にわたっていて何となく絞り切れていない気がします。入学した学生さんのプロフィールを見ると、大学から直接入学した人もいるし、企業の知的財産部門に属する人もいるようです。大学から直接入学した人の場合、目標とするのが企業の知的財産部門や弁理士だと思います。このため、知的財産専門職大学院のカリキュラムには特許法などの産業財産権法、知的財産権法といった基礎的な法律に関するものが設けられているようです。一方、企業の知的財産部門に属する人にとっては知的財産に関する専門的な知識を習得することが目的だと思います。従って、知的財産専門職大学院のカリキュラムには、知財戦略等をケーススタディにより学ぶものが設けられているようです。これら両者の目的はかなり異なるものであり、一つの知的財産専門職大学院で実現するにはカリキュラムが多岐にわたりすぎるのではないか、と思えるのです。

もう一つが、知的財産専門職大学院とて大学院教育である一方で研究機関としての機能を持っていると思います。では、知的財産専門職大学院の教員が研究する内容とは何か。企業の知的財産部門で行われている実務に近い内容、例えば知財戦略論のようなものであると、このような内容の最先端は企業の知的財産部門内にあり、簡単にアクセスすることができません。同じような例で考えると、ビジネススクールの場合、経営戦略に関する最先端の情報は企業内にあるのですが、経営戦略論に関する研究の最先端はビジネススクールにあり、この情報を求めに企業の実務家がビジネススクールに通います。そして、このビジネススクールにおいて自身の企業で行っていることをケーススタディとして提供します。ビジネススクールはこの最先端情報を元にさらに新しい経営戦略論を分析、提供します。こういったポジティブスパイラルがビジネススクールには存在します。振り返って、知的財産専門職大学院にはこういったポジティブスパイラルが存在しうるのか。上に書いたように、知的財産専門職大学院に通う人々が最先端情報を持っているとはあまり思えません。こうなると、企業の知的財産部門で行われている実務に近い内容に関する研究は非常に難しいのではないかと推測されます。それ以外の研究となると、法律に関しては知的財産専門職大学院の埒外ですし、知財評価、知財ファイナンスといったところが考えられますが、これとて企業の実務で評価されないと意味をなしません。

個人的には知的財産専門職大学院の存在は歓迎すべきものだと思っているのですが、いかに実用的なものを提供できるか、そして企業の知的財産部門が受け入れられる人材を提供できるか、先行きに不安を感じるのです。

« 知財戦略を立案するのは誰 | トップページ | 「オープンイノベーション」を読んで »

知的財産/特許」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 知財戦略を立案するのは誰 | トップページ | 「オープンイノベーション」を読んで »

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ