« 「知財経営」という言葉(またまた) | トップページ | 中国のITセキュリティ機器の強制認証について(続き) »

地道な知的財産活動

本日はちょっと短めに。

いつも徘徊しているNikkei Netに、日立ハイテクノロジーという会社の知的財産戦略が紹介されていました。この会社、平成21年度の知財功労賞の中で、産業財産権制度活用優良企業等(特許戦略)で表彰を受けている会社ですので、自他共に認める知財戦略の優れた会社、ということになるのだろうと思います。

で、上に書いた記事に紹介された知的財産戦略、正直言って非常に「べた」です。愚直というか、王道というか、教科書的とも言える知的財産戦略を真正面から捉え、実行しているという印象を受けます。特集記事でも、

『どの会社もやっている当たり前のことを、各階層に至るまで地道にやっているだけのことです。』

という表現をされています。しかし、「べた」な知的財産戦略ほど言うは易く行うは難しです。まず、研究者を巻き込んで知的財産活動を地道に行っていることが評価できます。経験からしても、研究者・開発者は新技術開発が業務であって知的財産活動は業務ではないと思っている人が結構います。これを説得して一つの業務のサイクルに落とし込むのは並大抵な努力ではありません。ある意味、成果の「見える化」をしないと全社的活動にまで格上げすることができません。

また、日立ハイテクノロジーという会社は、上の特集記事によると、市場を独占した製品や非常に高い市場シェアを有する製品を持っており、これらを特許により保護することで市場シェアの維持を図ってきたとのことです。業界にもよるのですが、なかなかこれもできるようでできないことですから、十分評価できることだと思います。

個人的には、こういった知的財産活動こそがもっと評価されていいのではないか、という印象を持っています。ただ、昨今の風潮からすると、その考えは古いのかも。

« 「知財経営」という言葉(またまた) | トップページ | 中国のITセキュリティ機器の強制認証について(続き) »

知的財産/特許」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「知財経営」という言葉(またまた) | トップページ | 中国のITセキュリティ機器の強制認証について(続き) »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ