« 地道な知的財産活動 | トップページ | 「最後のパレード ディズニーランドで本当にあった心温まる話」 »

中国のITセキュリティ機器の強制認証について(続き)

速報として短めに。

中国のITセキュリティ機器の強制認証については以前このBLOGで記事にしました。このところ、中国は5月からこのITセキュリティ機器の強制認証制度を開始する動きを示していましたが、本日のニュースによると、結果的にITセキュリティ機器の強制認証制度を来年5月開始と1年延期するとともに、対象を政府調達機器に絞るとのことのようです。とりあえずは対象が絞られたことで若干ほっとした感もありますが、情報を開示するという一点においては依然変わらないわけで、ITセキュリティ機器に関する知的財産権は中国当局(その裏で確実に国営企業、もしかしたら民間企業まで)に開示されてしまうわけです。

前の記事でもお話ししましたが、中国が膨大な国内需要を盾に無理難題を突きつけるのは前例があります。中国独自の無線LAN規格であるWAPIも、当初は中国における無線LAN機器の全てにWAPIの採用を強要する態度を示し、米国を中心とする猛烈な反発を受けて、政府調達機器にのみWAPIの採用を半強制的に要求する方針に最終的に変更した経緯があります。

今回のITセキュリティ機器の強制認証制度については、中国という国家は面子を非常に重んじる国家ですから、一度出した方針を他国の抗議により取りやめるというある種屈辱的な対応をするとは思いがたいです。本当は、大局的観点から(他国において中国が同様の対応を受けたら猛反発するでしょうし)ITセキュリティ機器の強制認証制度自体を直ちに取りやめる決定をして欲しいのですが、今回の決定を重要な譲歩として受け入れるしかないのかもしれません。

« 地道な知的財産活動 | トップページ | 「最後のパレード ディズニーランドで本当にあった心温まる話」 »

知的財産/特許」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 地道な知的財産活動 | トップページ | 「最後のパレード ディズニーランドで本当にあった心温まる話」 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ