« ウォークマン買い換えました(その2) | トップページ | レビューを信じてはいけません »

知的財産管理技能検定は知財人材育成に役立っている?

企業における知財人材の育成については何度かこのBLOGで取り上げてきたかと思います。最近、「企業における知的財産管理技能検定の位置付け」という題の記事が掲載されていました。この記事は、幾つかの大企業に知的財産管理技能検定をどのように社内で位置づけているかをアンケートした結果に基づくものです。

この知的財産管理技能検定、知人がやっているのであまり批判めいたことは言いづらいのですが、私個人が考えるに、今ひとつその有効性が見えてきません。確かに、知財部門における知的財産教育の必要性は言うまでもありません。専門性が求められる部署ですから、業務遂行に必要な知識は備えていないと困ります。気になるのが、それを検定という形で標準化することにどれだけの意味があるか、ということです。企業は自社の知財部門に属する人材に対して自社なりの教育プログラムで教育し、人材育成をしています。検定という形で標準化したからと言って社内教育の手間が省けるわけでもありませんし、各社必要とされる知識は一律とは言えないので、例えば検定2級合格を社内の何らかの職能級とリンクさせるのも難しいでしょう。それに、自己啓発という観点からしても、知財人材の転職が盛んとは言いにくい(特許事務所間を除けば普通だと思います)ので、検定を取ったからと言って資格を取ったという考えにはなりにくいでしょう。

企業にとって一番の悩みは、多分、マネジメントクラスの人材をどのようにして育成するかにあると思っています。マネジメントクラスになると、否応なく他部門の人間とのコンタクトが増えますし、知財戦略の立案にもかかわってくるようになります。こうなると、知財関連の知識だけでは立ちゆかなくなってきます。元々、企業の知財部門の人間は圧倒的に理系大学出身ですし、入社して特許担当者になっても企業のエンジニアとの接触がほとんどですから、言葉は悪いですが、ビジネスマンとしての基礎知識(経済、経営、社会など)にこだわることなく社会人としての生活を続けることが可能です。しかし、マネジメントクラスになると、エンジニアよりも事業本部、本社部門のマネジメントクラスとの接触が多くなり、こうなると、理化学的知識+知財知識だけでは対応できなくなります。では、ビジネスマンとしての基礎知識をどのように習得するかと言えば、これは自己啓発やOJTによるものが多くなってきます。検定と言った客観的な指標が通用しない領域です。

こう考えると、知的財産管理技能検定はどうも中途半端な気がしています。一時期、知財実務を長い間やってきた証の意味をこめて1級受験を考えていたのですが、今は「取ってどうする」という疑問に対する明確な答えが見つからないのでpendingにしています。何か役に立つようなことがあるといいんですが。

« ウォークマン買い換えました(その2) | トップページ | レビューを信じてはいけません »

知的財産/特許」カテゴリの記事

コメント

私はこの協会に全く関与していませんので、色々とご不満がおありのようでも、それを伝えるすべを持っておりません。この点、ご了解のほどお願い致します。

質問に答えることで、資格の透明性が高まるということですけど、それは非常に困難だといえます。

今の御時世というと、ちょっとでも人から信用をされなくなるとそれは信用されなくなった人にとっては致命的なことになってしまいます。私もこの検定を受けたんですが、スタッフの回答が物凄く曖昧過ぎて正直

「キモい!!」と思いました。この気持ちについて落ち度は無いと思いますし、私はこんな支離滅裂な協会なんかが運営している「自称国家資格」を二度と受験したくはありません。


時代の御時勢そのものであり、そのうちこの協会は世間様からさらにバッシングされバカにされるのがオチですし、信用されなくなったら協会そのものだけでなくその中にいるスタッフは「知財教育協会にいました」というだけで差別されるかもしれませんが、そうなったのは身から出た錆なのでしょうがないと思います。

「自分は人からどう思われているか?」を考えれる人であれば曖昧ではいけないと考えるものです。


こんにちは。コメントありがとうございます。

1級の研修会の日程が不確定なんですね。その辺りは、教育協会にリクエストしていいと思っています。私は当然ながらこの協会に関係していませんので(知り合いがやってはいるんですが)、何とも申し上げられないです。

そういった質問に答えることで、資格の透明性が高まるんだと思いますので。

知財の国家検定、受けました。それで、惨敗という結果となってしまったんですが、いくつか気になったことがあります。

それは、一級の公式テキストが未だに無いことと、この協会では一級の講習会が在るというのですが具体的にいつ行われるかの公告が全くされていないということ。

です。

曖昧であれば、不特定多数人から「知財の国家資格なんて言ってるけど、似非というかデマっぽい協会だよね?普通、ビジネス実務法務検定なんかは東京商工会議所さんが通信教育をしてるけど、知財の運営事務局って詐欺じゃね?FPだって、ちゃんと1級の講義を予備校とかでしてるのに、悪徳商法じゃね?」

と非難されることを予め協会は分かっているだろうし、もっとシッカリした方が良いのでは、と協会に言いたいですし、そう思ってる人は決して少なくない筈です。

コメント、ありがとうございます。

記事にも書いたように、この検定、私の知人が主催していますので、なかなか批判的なことも申し上げにくいところがあります。とは言え、まだまだ曖昧な部分も残っているようにも思います。

一級については、実は講習会などがあるはずなので、公式テキスト云々というよりもそちらでよろしくと事務局は考えているのだと思っています。私が推測するに、一級になるとまともに公式テキストを書くとものすごい分量になるようにも思います。ただ、それで「検定」と名乗るには一方でいかがなものかという批判もあるでしょう。

私が思っていることを正直に申したいです。知的財産管理技能検定は、非常に曖昧なものが多過ぎます。

第一に、「なぜ、一級の公式テキストや問題集が無いの?」ということと、

これは、私の知人が実際に体験したことなんですが、


「大学での、関係する科目を取得していると受験資格が得られる」ということなんですが、協会が出した回答は、まるで他人事といいますか、

あたかも、「自分たちは何も知りません」という感じで、回答になっていない解答だったということです。


確かに、この検定試験は、受験するだけ無駄だということがよーく判ったような気がします。

今井屋メロでした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ウォークマン買い換えました(その2) | トップページ | レビューを信じてはいけません »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ