« オーディオマニアへの道? | トップページ | 知的財産の学術研究にあれこれ思う »

特許翻訳の難しさ

最近、海外の対応部門と情報共有するために部門内での議事録を英訳する作業に没頭していました。議事録ですから話し言葉がメインであるものの、部門内での施策を説明した会議ですから専門用語が頻繁に出たりして、なかなか難易度は高かったです。しかも、confidentialityが高いので外注もできず、同僚と二人で苦労しながら英訳しましたcoldsweats02

で、スピーカーである部門内の部長にチェックをお願いしたところ、「直訳過ぎる」とのお叱りを受けてしまいました。う~ん、これでも意訳したつもりなんですが、どうも、特許翻訳で染みついた癖が直らないようです。

特許翻訳は、明細書で伝えるべき技術内容を正確に伝えるためと、言い回しが法律的なbackgroundを持っているので、意訳をする勇気がなかなか持ちにくい、という印象を持っています。当然、本当に直訳すると現地で意味不明になってしまうことが多々あるので、現地のnativeに理解してもらえるようなtransformationをした上で翻訳をするわけです。一方、社内の資料であれば相手方の理解が第一ですから、日本語の表現にとらわれずにスピーカーの言いたいことを表現の奥から読み取って英語として素直な表現にすることが求められます。この差は自分なりに理解していたつもりだったのですが、もう一歩踏み込んで翻訳すべきだったようです。

特許翻訳というのも、本来は日本語の表現を一体解体して、明細書の言わんとするところを深く理解した上で英語として再構築し、しかも、法律的に問題のない言い回しをすることが求められるはずです。が、現実は逐語対応ではないものの逐文対応の翻訳が主で、多分現地の代理人からすると表現として洗練されていないものが多いのでは、と推測します(米国代理人は、「この発明は自分がしました」という宣誓書があるがために、表現をいじると代理人たる他人の発明とのコンタミを恐れて、まず日本から送った原稿をいじりません)。あと、逐文翻訳でないとチェッカーがチェックしにくいからと言うよくわからない理由を言う人もいますが、それはちょっとないなぁdespair、と。

こう考えていくと、特許翻訳でもまず普通で素直な、しかも洗練された英語表現が前提なのでは、という気がしてきます。当然、技術の理解とテクニカルタームの正確な使用も必須です。ただ、自分はずっとチェックをする側に立って好き勝手言っていたわけですが、今回のように実際に英文を作成する側に立つと苦労が身にしみて分かります。まずは、わかりやすい日本語明細書が前提、ということかもしれません。

« オーディオマニアへの道? | トップページ | 知的財産の学術研究にあれこれ思う »

知的財産/特許」カテゴリの記事

コメント

情報、ありがとうございます。本日も、記事に書いたのと同じように社内資料の英訳に没頭していて、英語力のなさを痛感しましたsadちょっとずつ頑張ろうと思います。

とても勉強熱心でいらっしゃるのですね。
特許翻訳もポイントをしぼって勉強することで
けっこう早くマスターできますよ。
時間があいたときにでものぞいてみてくださいね。
http://saisu1.com/pattratips/
http://plusone-patent.co.jp/contents/index.php?cID=7

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« オーディオマニアへの道? | トップページ | 知的財産の学術研究にあれこれ思う »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ