« トラックという概念 | トップページ | IPトレーディングジャパンが会社解散? »

やっぱり「レビューを信じてはいけません」…

土日ですから、知財と関係ない話を。

このBLOGで以前、「レビューを信じてはいけません」という記事を書いたことがあります。レビューが信じられるという話は、"Wisdom of Clowds"(「みんなの意見は案外正しい」という書籍でかなり大々的に紹介されましたね)という考えを前提としています。確かに、この書籍のAmazonのレビューに書かれているように、多様性、独立性、分散性、多様な意見を集約する仕組みがきちんと担保されるならば、烏合の衆の集団が下す判断の正確性は一握りの専門家が下す判断の正確性を上回る可能性があるでしょう。

問題は、上に書いたような仕組みなどが、一時期の流行言葉になりつつあるWeb 2.0で実現できるのではないか、と思われていたのですが、Web 2.0的環境が整いつつあると思われる現時点でもなお、大多数の意見は専門家の意見を上回る可能性は低いのではないかと思えるのです。

理由は幾つかあると思います。一つは、未だに専門家と大衆との間に厳然とした情報格差があると言うこと。専門家は、実は簡単に口外できない情報を他の専門家から入手する立場にあり、その口外できない情報は公開しないにしても日常的な価値判断に極秘情報を用いているがために、判断の正確性がより高まるのです。この、「口外できない情報」というのは、Web 2.0的「幻想」によれば、BLOG等によりあまねく広く公開されることで一般大衆でも正確な判断ができるはずだったのですが、現実はそれほど甘くないと言うことです。

それから、まだ大衆がマスコミや専門家ほど情報収集及び取捨選択能力に優れていない(慣れていない)ことがあると思います。情報というのは一次情報から二次、三次と転用されるに従って情報を記述する人の主観が混じってきて、情報自体の純粋度が失われてきます。意見を発信する者として、できるだけ主観が交わらない情報に基づいて判断をすべきことは言うまでもないのですが、情報収集の手間を惜しんで、時に二次情報でも三次情報でも情報が得られた時に反射的にそれに基づいて情報発信をしてしまい、結果的に誤った判断をすることは結構あります。結局、それは、自分が情報発信なり判断をすることが他者にどれだけの影響を与えるのかという想像力を持てるかどうか、の問題だと思います。

まあ、マスコミですらも不十分な情報に基づいて結構な誤解をすることがままありますので、何が正しいのかというのは結局個人が判断をする必要があるのですが。例えば、韓国メディアのIntellectual Venturesに対する報道(記事1記事2記事3)は、パテントトロールにより韓国企業が苦労していることと韓国の技術をIntellecutal Venturesが資金援助していることを同列視して脅威を煽っていたりしています。それはそれ、これはこれなんですがね。

なかなか、Web 2.0的世界はまだ遠いところにありそうです。

« トラックという概念 | トップページ | IPトレーディングジャパンが会社解散? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

一時期Web 2.0という言葉を、一部のインターネットリテラシーの高い人間がインターネット言論を牛耳っていたことからの解放といった文脈で語っていた人がいたように思います。だとすると、現状は一部の声のでかい人の言論に一般の人々の言論が左右されているように見え、自由なように見えて実は「権威」ともいえる存在にかなりの影響を受けているような気がします。

政治系のプロパガンダはそういった意味で、我々がどうやって冷静に物事を判断できるかを問われているように思えるのです。それと、危ない表現ですが、民主主義が必ず正しい結果を導き出すとは言えないことも。

これ、私も類題で感じたことがあります。

「組織は長個人の能力を超えられない。」

 組織の場合、その権限の所在が組織の能力を抑えこむ主因となりますよね。
 これに対し、Web2.0(未だに明確な定義が不明な言葉だけど・・)の場合には、権威の所在が組織の能力を抑えこむ主因となりえるのではないか、と思ったりしますね。

あ、ここで使った権威とは、一般的な意味での権威です。憲法の主権論で登場するような厳格な意味ではありませぬ。曖昧としている分だけ、捉えどころがないんですけど、それがまた厄介。
 最近ではブログランキングってのがあるから、これがある意味「権威付け」の役目を果たすようになっている気がします。それだけに、政治系ブログではプロパガンダがやりやすいという効果が生じているようですけど、いいんだか悪いんだか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« トラックという概念 | トップページ | IPトレーディングジャパンが会社解散? »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ