« 弁理士試験合格から20年ですか… | トップページ | テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」で知財活用の特集がありました »

NHK「クローズアップ現代」でパテントトロール特集がありました

本日はちょっと疲れているので短めに。

パテントサロンでも紹介されているとおり、本日、NHKのクローズアップ現代で「“特許の怪物”が日本企業を襲う」という物々しい題名でパテントトロールの特集がされました。パテントトロールという用語ができたのが2000年頃ですから、ようやくテレビでも紹介されるようになったのか、と思ってしまいました。

内容は、パテントトロール(パテントトロール会社の例としてAcaciaが出てきました)の概括とパテントトロール対策としてRPXとパテントプール(画面を見るとアルダージですね)のことが紹介されていました。パテントプールというのはパテントトロール対策のために始めたのではなく、パテントトロール対策として現在その意義がより高まっているのですが、ちょっと番組では歴史的な経緯にまで触れることができないのか、それともNHKのディレクターが理解できなかったのかよくわかりませんが、この点が誤解されるのもよろしくないかな、と思ってしまいました。

全体の感想として、30分という短い時間の中でまとめるのは大変だったのかもしれないというところでしょうか。パテントトロールの存在は、今後の特許制度そのものの変革への起爆点となりうるものですから、ヘンリー幸田さんが休眠特許を含めた日本企業の特許権の有効活用を力説して、今までのプロパテント政策の延長線上で語るよりは、未来を見据えた観点を持って番組作りをしてくれたら良かったように思います。番組の途中で、米国知財法の専門家としてスタンフォードロースクールのMark Lemley教授が意見を述べておられていましたが、レムリー教授の意見をもっと掘り下げていただけるともっと面白くなったのでは、と思います。余談ですが、レムリー教授が「岐路に立つ特許制度」に寄稿された論文「特許権の無視」は非常に核心を突いた良い論文です。

« 弁理士試験合格から20年ですか… | トップページ | テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」で知財活用の特集がありました »

知的財産/特許」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 弁理士試験合格から20年ですか… | トップページ | テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」で知財活用の特集がありました »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ