« 「特許価値戦略」を読んで | トップページ | 今年も寄付講座やってます »

特許資産指標って何?

今日は短めで。

ダウケミカルとBASFの共同プレスリリースで、「特許資産指標」なるものを使ったところ、BASFが総合1位、ダウケミカルは競合影響力で1位になったとの発表がありました。ん、「特許資産指標」?日本だと、パテントリザルト(旧IPB)のパテントスコアとか工藤一郎国際特許事務所のYKS手法とか、あと、OceantomoのPatentratingsとかがよく知られていますが、どうなんでしょうか。

で、特許資産指標を提唱したオットー・バイスハイム経営大学のHolger Ernst教授のサイトを探したところ、特許資産指標(Patent Asset Index)が紹介されたPDFを見つけました。引用数(資料からするとForward Citationのようです)とか異議申立、権利者による放棄をスコア化しているのは他の指標と変わらないようですが、Market Coverageとしてその企業の全特許が存在する国のマーケットシェア(多分製品単位でやっているのでしょう、そうしないと意味がないですから)を全世界で足し合わせて(米国を1として規格化しているようです)いるところが目新しいようです。しかも、算出方法は全て学術誌で公開するからTransparentである(他のところはmetricsが公開されていないのと違う、との主張)と謳っています。

う~ん、ちょっとひねりがないかなぁ。他の指標のように重み付けが不透明である(そこがノウハウでしょうから公開しないのは当たり前といえば当たり前なんですが)ゆえに指標自体の信憑性に欠けるのとは違うのはその通りだと思いますが、もう少し工夫できたのでは、と思います。まぁ、全世界をまとめたIndexというのは今までなかったので、その意味では面白いと思います。

Holger Ernst教授の資料によれば会社を立ち上げる予定とのことですから、そのうち日本にも営業が来るかもしれませんねwink

« 「特許価値戦略」を読んで | トップページ | 今年も寄付講座やってます »

知的財産/特許」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「特許価値戦略」を読んで | トップページ | 今年も寄付講座やってます »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ