« 別館のBLOGを開きました | トップページ | 日米欧三極知財シンポジウムに出かけてきました »

特許ビジネス業界のこの頃

最近ぼんやりと気にしていることがあります。それは、一時期飛ぶ鳥を落とす勢いと思われていた特許ビジネス業界の元気のなさです。

ここで言う特許ビジネス業界とは、かなり広い意味を持たせています。つまり、PATOLISのような従来から綿々と活動を続けてきていた企業から始まり、特許コンサルティング、特許流通を手掛けている企業、さらには新しい手法で特許を分析して価値評価を行う企業、特許オークションや特許を起点とした新企業創出を行う企業まで含んでいます。特許は基本的に製造業の中から生まれますから、この製造業を除いた特許に関連する企業が特許ビジネス業界だとここでは考えます。

ここ数年、Intellectual Venturesであれパテントトロールであれ(この2つを並べて描くと関係者に怒られそうですが)特許をビジネス、特にファイナンスの対象として考える特許ビジネス業界と、特許の価値評価をデータベース上で実現した特許ビジネス業界と、オープンイノベーション(妹尾先生的にはオープンインベンションだそうですが)の延長としての特許流通、特許オークションを手掛ける特許ビジネス業界が脚光を浴びてきました。このビジネスが成立する背景として、投機的マネーが特許ビジネス業界にも流れてきたこと、そして、スクラップ&ビルドを繰り返す米国企業を中心に未使用特許が多数存在したことがあります。しかし、リーマンショック以降、投機的マネーは一時期的にシュリンクしてしまい、投機的マネーを含む投資マネーが特許ビジネス業界に流れ込む絶対額が低下するとともに、かなりの有力特許が買い漁られてしまうことで取引対象として有効な特許自体が数少なくなってしまったことで、マーケットの規模が縮小したように思えます。

製造業的立場からすると、特許は自分のビジネスを守るためのものであり、特許を一つの商品として考えてあぶく銭を取ろうとする特許ビジネス業界の衰退は胸のすく思いという意見もあろうかと思います。確かに、パテントトロールには合法的な活動とはいえ道義的には割り切れないところが多々あります。ただ、特許ビジネス業界全体を否定的な見方で見る考えは、イノベーションは製造業からしか生まれないといった、言葉は悪いですが前時代的な優越感につながるようにも思えます。既に、イノベーションの芽は製造業の中だけで生まれるのではなく、ベンチャーであれ大学であれ様々な場所で生まれようとしています(かなり期待を込めて)。そういったイノベーションの芽を製造業にスムースに導入することも重要です。また、製造業内で事業化を断念したイノベーションの芽についても、小規模なベンチャーであれば事業化が成功するかもしれません。これらの流れ(Chesbrough教授的にはこういった企業内外へのイノベーションの流通こそがオープンイノベーションであるわけです)を支えるビジネスとして特許ビジネス業界の存在はかなり意味のあることだと思います。特許評価にしても、潜在的ニーズはあります。その手法については様々な議論があるでしょうし、そういった意見を聞いてimproveすることが望まれるわけです。

単純に、特許バブル崩壊といった見方をするのではなく、特許ビジネス業界全体がまだ成長過程にあることを理解し、特許に携わる者がそれを正しい方向に成長するようにアドバイスする、という姿勢が必要なのではないか、と思うのです。

« 別館のBLOGを開きました | トップページ | 日米欧三極知財シンポジウムに出かけてきました »

知的財産/特許」カテゴリの記事

コメント

まぁ、真面目が取り柄というと堅物に思われてしまいますが…。スキマスイッチのライブですかcoldsweats02やってたの知りませんでした。再放送するかな。

時にこのBLOGでお話しするように、これからは発明ばかりではなくビジネスモデルを自ら作り上げて世の中の流れを変えないと大きな儲けは得られません。このところの日本人は勤勉というビジネスモデルに安穏としていて、なかなかphase shiftができていないです(自戒の念を込めて)。危機感を持って対応しないといけないですね。

コメント中、先駆性などとウロ覚えのことを書いてしまいましたsweat01
新規性、進歩性・・・です。失礼いたしました。

早速のお答ありがとうございます。
いつもブログ楽しみに拝見しております。真面目な方なんだと好感を持ちながら拝読いたしております。
昨夜はBSでスキマスイッチのライブがありました。録画などされたかしら?と思いながら。

ランニングロイヤリティを念頭に置く知財ビジネス→発明者に対する敬意や愛を感じます。
remembrands in the attic→発明は著作権などと違い、先駆性も大切なので、賞味期限もあるかな?と。

もっと低コストで知財が活用でき、そこから利益が生まれ、権利者にもリターンができ、産業が発展するといい・・・と管理人さんのお返事を読んで感じたこと。
権利というからには安心できる活用には、法律の改正なども必要なのでしょうね。


でも、どうしても、日本という土壌に、まだまだ自由な発想が根付きにくい空気を感じます。もっと遊べる発想というのでしょうか。とてつもない発想とか・・・・・
知財ビジネスでも、買取りやオークションが良い悪いは別にしても、日本人とは元々発想が違うと。そして、ビジネスの価値観もマネーに特化しています。日本人は紳士ですし、真面目です。武士道の影響?わかりませんが、ビジネスですから、もっと元気に儲けようという発想やエナジーががあってもよいのではないかと思います。そこから何かが生まれてくるかもしれませんから。弊害があれば、そこから修正していけばいいのではと。

方向違いな質問かもしれませんのにご丁寧な回答をありがとうございました。誰にも聞けなかったことなのでお返事いただきうれしく思いました。

こんにちは。また難しい質問を。

発明者に近い立場で仕事をしていると、発明者が生み出すアイデアというのは非常に貴重なもので、このアイデアが結果的にビジネスを生み出し、会社をいい方向に動かすのだと思えてきます。こうなると、まず発明ありき、という考え方は真っ当な考え方です。

ただ、特許を資産として考える人が最近増えてきて、そのような方には未使用特許は金の山に見えてきて仕方ないわけです。確かに、使わなければ宝の持ち腐れと言われても仕方ないわけで、"Rembrandts in the Attic"という題名の本があるように、これをどう評価してどう活用するかということを主眼に活動する人がここ最近増えてきました。

しかし、これとて元々アイデアを生み出す発明者がいてこその商売ですし、発明者に対して何らかの敬意があっておかしくないわけですが、特許=資産と考えている人たちはあまり発明者に敬意を払っているようには見えません。パテントトロールは確かに発明者に対して特許の買収金額という形で報いているわけですが、聞くところによるとランニングロイヤリティで発明者から買っている例はあまりなさそうですから、結局いいところ取りのようにも思えます。

最近の世の中の流れとしては、特許をいかに有効に活用するか(権利者の側からして)に活動の主眼点が移りつつありますので、法の究極目的である産業発展を促進する発明の利用がもたらされる形での特許ビジネス業界の隆盛は好ましいことだと思いますが、一部の人々の利益のみ考える形でのビジネスの発展には疑問を持たざるを得ません。

こんなところでどうでしょうか。

おひさしぶりです。私は知財業界とはほとんど縁のない一般市民、しかも主婦なので、その知識の範囲でお尋ねしたいことがあるのですが、よろしいでしょうか?
外から見ているとわかりにくいことがあるのですが、特許というものは、初めに特許ありき、そこから知財ビジネスが生まれる場合が多いのでしょうか?
つまり、発明というものは、最初に発想がある、というのが私が想像していたものです。こんなものがあったら便利ではないか、面白いじゃないか、人に喜んでもらえるのではないか。そこに技術が追い付いてくる。例えば、既存の特許の様々な組み合わせが、その発想の実現を可能にするのであるなら、それはオープンイノベーションと呼んでよいのかもしれない。アップルの手法などはそれに似ているような気がします。

けれども、これまでの特許ビジネスのあり方を見ている限りでは、流通の場合などでは、これだけの未利用特許がある、これを何とかしなければ宝の持ち腐れなのではないか、何としてでも動かさなければ・・・という考え方であり、何かそこには無理があるような気がしていたのです。つまり、そこで生み出されるゲインよりも、動かすためにかかるコストによるロスの方が大きいのではないかと。私も知財ビジネスの発展は必要だと思う考えには全く賛成です。toshiさんはどのようにお考えになりますでしょうか?
幼い質問で申し訳ありません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 別館のBLOGを開きました | トップページ | 日米欧三極知財シンポジウムに出かけてきました »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ