« 今年1年の知財のことを振り返って | トップページ | PATOLISの行方 »

標準化、規格化作業の難しさ、おまけで知財

年末年始は、年末期限及びの仕事で多忙を極め、さらに年始早々システムダウン対応に奔走し、個人的には子供がウィルス性の胃腸炎にかかって自分まで感染してしまったなど、知財のことをあれこれと考える暇もなく突っ走っていました。ようやく日常レベルの業務及びプライベートに戻りつつあります。とは言え、何となく忙しいのは確かなので、BLOGの更新頻度は以前ほどにはならないようです。ご勘弁を。

で、昨年の知財に関する総括は年末の記事で書いてしまったので、本日は標準化に関する話を。

時々このBLOGでも書いていますが、私が所属する電機業界において標準化は古くて新しい話で、しかも最近その重要性は日を増すごとに高まっているように思えます。先日、社内の標準化作業に対する表彰式を見学してきて、だいたい社内でどんな標準化をしているのかはメインストリームは押さえているつもりでしたが、改めてその活動を振り返って標準化作業の難しさ、そして全世界で頑張っている標準化担当者の日々の作業に頭が下がる思いがしました。

標準化というのはインターフェースがないところには原則として必要がありませんから、モジュール化の進んだ電機業界では標準化をどうやって進めるかについて以前から課題になっており、最近は国際的に製品を販売しようとすると、あるいはシステムを国際的に導入しようとすると標準化、規格化作業は避けて通れない問題になっています。一方、例えば自動車業界のように、一部の部品(点火プラグ、蓄電池など)では標準化、規格化がされていないわけではないものの、自動車単体で考えればスタンドアロンで成立してしまいますので(一社で共用部品を延々と使っていることもありますが)、会社を超えた標準化、規格化に対してあまり積極的ではなかったように思います(必要性が乏しい、ということです)。しかし、自動車のエレクトロニクス化に伴い、徐々にではあるものの自動車業界でも標準化の流れが出てきており(例えば車内LANの規格)、パワートレーンが内燃機関から電気モーターへと移行するに連れて、こういった基幹部品にも標準化の動きが出てきそうになっています。

標準化、規格化で注意すべきことは、技術的、規格的に優れたものが国際規格として採用されるとは限らないことです。例えば、携帯電話の第2世代では、日本は(音質はあまり良くなかったものの)低消費電力であったPDCよりも、ヨーロッパが一致団結して採用したGSM方式が世界を制覇しました(当然、それなりに技術的優位性もあったわけですが)。先進技術を有する企業に対して足枷をかけるように技術的に劣る規格を国際規格として採用させ、一気に勢力地図を塗り替えてしまおうという考えもできるわけですから、現在技術的優位性を持っていて他社の追随を許さないことに安穏としていると、足をすくわれてしまうこともあり得ます。特に、国際規格の採用は国単位で委員が選出され、投票権を有することから、多くの国内企業が自社の規格に固執して足並みがそろわない場合、統一規格をタイミングよく出せないことにつながり、結果的に出遅れる可能性があります。

標準化、規格化によって規格採用された特許はFRAND条件で提供することになりますが、必須特許の数が多く、しかも幅広い製品に採用されるならばライセンス料は実は莫大なものになります。例えば、MPEG-2 VIDEOの必須特許のライセンシーは1500社にも上り、収入についてはMPEG LAが公開していないのではっきりしませんが、MPEG-2 VIDEO技術がDVD、STB、デジタルTV放送など極めて広範囲な製品に採用されていることを考慮すると、相当な額になることは容易に予想できます。従って、標準化、規格化担当者と知財担当者は密接に連携をとり、どのような規格を提案してどのようなビジネスモデルを描き、製品販売の拡大及びライセンス収入に努めることが肝心です。

標準化、規格化については交渉学の観点からも重要なことがあるのですが、これに関しては、正直OJT以上の効率的な学習方法がないので(いくら交渉学を学んでも、権謀術数が渦巻く現場を体験しないと多分使い物にならないので)、企業においてどうやって人材育成をするのか、真剣に考えないといけないと思っています。上に書いた表彰式の招待講演で現在日本規格協会に出向中の方が話された経験談は含蓄に富んで非常に参考になりました。

« 今年1年の知財のことを振り返って | トップページ | PATOLISの行方 »

知的財産/特許」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今年1年の知財のことを振り返って | トップページ | PATOLISの行方 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ