« 妹尾堅一郎「技術力で勝る日本が、なぜ事業で負けるのか」を読んで | トップページ | 西口泰夫「技術を活かす経営」を読んで »

知的財産学術国際交流会議に参加してきました

ご報告が遅くなりましたが、先日、日本知財学会が主催する第2回知的財産学術国際交流会議に参加してきました。今回の題名は、「アジア各国の最新知財事情とグローバル化戦略化」というもので、韓国、中国及びインドから法律家及び企業実務家(インドはCSIRという国立研究所のご紹介)を1名ずつお呼びして現状をお話ししていただくものでした。

今回の目玉は、韓国及び中国の知財実務家として、それぞれSamsungとHuaweiという、今や世界のグローバル企業として名を馳せている大企業の知財実務家が招聘され、それぞれの企業の知財実務を紹介するものでした。私もこのお二方の話を聞きに行ったようなものですから、以下の話もこの内容に絞ってお話しします。

一番感心し、また、当たり前だと思ったのが、SamsungにせよHuaweiにせよ、実に当たり前の知的財産戦略を実行していると言うことです。例えば、Samsungの担当者の方は、特許競争力と製品競争力でマトリクスを形成し、自社がどの位置にいるかを検討した上で、まずは製品競争力を維持しつつ、知財により差別的競争力の優位を確保することを知財戦略の方向性とする、と述べられていました。この考え方、7~8年ほど前に今いる会社で、私と同僚とで同じようなマトリクスを考え、開発テーマ毎にmappingして個別戦略を考えるツールとして使ったことがありました。なるほど、皆さん同じようなことを考えられるのだな、と感心しました。また、活用されない特許は財産でも資産でもなく、費用であり、他社に対する活用であってこそ活用と言える、と述べられていました。その上で、特許マーケティングの必要性を訴えておられました。かつてSamsungはDRAMの世界シェアを急激に上げていく中でTIとの特許訴訟を経験し、特許の重要性を認識して「特許数」を求める戦略を追求していたわけですが、「今は出願数を減らしています」と述べられていました。2009年の米国特許登録件数でSamsungはIBMに続いて2位を確保していますが、米国だと登録まで大体5年ほどのタイムラグがありますから、今後絶対数的には減少する可能性はあるわけです。

また、Huaweiの場合、特許の重要性の認識、他社特許の尊重、自社権利による保護といったフェーズを経て、知財により調和的なビジネス環境の構築を構築することを目標としているようです。このために、競合他社及び有用特許保有者との間でクロスライセンス締結を積極的に推進しているとのことです。他の中国企業が、主に外国企業からの侵害警告に対して猛然と反発する姿勢をとっている中で、将来を見越した非常にビジネスライクな、かつcleverな戦略をとっていると言えます。現在のところ、特許出願件数を大きく伸ばしてはいるものの、海外出願の割合は直近でも20%を切る程度で、まだまだであると述べておられました。Huawaiというのは、ご存じの方も多いと思うのですが、アジア、アフリカの発展途上国、さらには低所得国に対して価格と徹底したサービスで急激にシェアを獲得しており、売上高ベースでいくと海外がすでに75%にも達しています。従って、海外に目を向けた知財戦略が喫緊の課題となっているわけです。これが、HuaweiがPCT出願を大量に出している一因になっていると思われます。この会議に出席された担当者の言では、PCT出願は主に規格関係、特に、規格申請をしている時点での出願が多いようで、最終的に規格に採用されない場合は国内段階に移行することなく擬制取下してしまうようです。これも一つの戦略だと思いますが、PCT出願へのコストを考慮するとかなり大胆な戦略だと思いました。

こう考えると、グローバル企業はその国の企業の知財実務を超えて他国(主に先進国と呼ばれる国に本社がある)のグローバル企業の企業の知財レベルに容易に達してしまうのだと感心してしまいました。こういったグローバル企業が今後発展途上国と呼ばれる国から続々と登場することが容易に予想されます。我々も、どんどんその先をいけるように知恵を出していかなければならない、と思い知らされました。とは言え、なかなか難しいんですがね。

« 妹尾堅一郎「技術力で勝る日本が、なぜ事業で負けるのか」を読んで | トップページ | 西口泰夫「技術を活かす経営」を読んで »

知的財産/特許」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 妹尾堅一郎「技術力で勝る日本が、なぜ事業で負けるのか」を読んで | トップページ | 西口泰夫「技術を活かす経営」を読んで »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ