« 「誰も書かなかった知的財産論22のヒント ~未来の知財のために」 | トップページ | 明細書の質revolutions »

明細書の質reloaded

またぞろ明細書の品質に関する話をちょっとだけ。

ここ数日、明細書の品質と顧客の評価ということについて考えていました。よく、特許事務所に勤務する技術者の評価を「この人が書く明細書は顧客から高い評価を得ていますからね」という話を聞きます。それはそれで大変結構なことですし、顧客から評価を得てこそ一流の技術者でもある、と思います。

しかし、それが全てなのでしょうか。

最近考えていることは、弁理士は顧客に対して顧客満足を与えられる仕事をすべきであると思います。ここで注意したいのは、「顧客満足」であって「顧客評価」ではないのです。この違いは何なのか。

顧客満足という言葉を自分なりに少し分解してみましょう。顧客満足とは、当該発明に対して適切な(適度に広い権利範囲を確保できる)権利化を図り、更に、その権利を他社に対して活用した際に顧客の有利な方向に結論を進めることができる権利化活動だと私は考えています。このためには、発明者が発想した発明に対して従来技術との対比を行い、従来技術に対して進歩性を主張しうる発明に仕上げることは勿論、従来技術に対して製品に適用された場合にも競争力を持ちうる発明にbrush upし、さらに、特許庁の審査官(時に審判官)に対してその優位性を説明して権利化にまで持ち込み、そして、第三者からの無効主張(進歩性のみならず記載不備についても)を封じ込めるだけの記載内容を持つ明細書を書く必要があります。こう考えると、発明の捉え方から明細書の書き方にまで至る広範囲な作業を行ってこそ顧客満足が得られるのだと言えます(この議論では、以前このBLOGで明細書の品質について議論した時のように、敢えて発明の質と明細書の質とを同列に記載しています。私は、これらをあまり区別して議論するとかえって本質が見えなくなると思っています)。

一方、顧客評価とは、実は顧客の担当者なり評価者が、その発明を把握している範囲で、評価する時の判断基準に従って行うものです。通常、顧客評価は明細書完成時(あるいは明細書作成後1年以内の定期的に)に行われます。顧客は、他社の従来技術との対比の中でその発明の価値をある程度推測しており、その発明の価値に基づいて明細書の評価を行います。

従って、顧客満足を究極まで追求するならば、実は顧客評価以上の明細書作成業務を行わなければなりません。しかし、顧客が評価しうるのは上に書いた顧客評価の評価時において顧客が知りうる範囲の情報です。つまり、権利化後に他社との交渉において明細書のある記載に助けられる事もありうることですし、それ以前に、権利化作業中(特に中間処理)において、出願当時はさほど重要視していなかった記載の存在により、他社との差別化が明確になる権利形成作業ができたこともあり得ます。そういった後日の事情は、実は明細書作成の時点での顧客評価には反映されにくい性格があります。

一方で、発明の性格上、他社の権利化阻止のみを目的として出願をすることもあり得ます。この場合、顧客満足を究極まで追求する明細書作成業務は、特許事務所にとってもコストパフォーマンスが大変よろしくありませんし、そもそも、顧客はそれを望んでいません。従って、オーバースペックであるが故に顧客評価が低くなってしまう可能性があります。

結局のところ、顧客満足を追求することは理想なのですが、顧客ニーズが奈辺にあるかという把握作業を抜きにした顧客満足追求は無駄を生みがちな作業です。一方で、顧客評価が(特に明細書作成の時点での)高いことが、最終的に顧客満足を得られる仕事であるのかというと、これも必ずしもそうとは言えません。この辺りは、実は顧客とのコミュニケーションにより補い、最低限顧客評価を得た上で、どれだけ顧客満足を追求する方向に業務を進めるかを行うことになります。顧客ニーズに応えるだけがプロではありません。顧客ニーズ+αがあってこそプロの仕事だと言えるわけです。

…なかなか文章にすると難しいですね。おわかりいただけたでしょうか?

« 「誰も書かなかった知的財産論22のヒント ~未来の知財のために」 | トップページ | 明細書の質revolutions »

知的財産/特許」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「誰も書かなかった知的財産論22のヒント ~未来の知財のために」 | トップページ | 明細書の質revolutions »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ