« 企業知財部と特許事務所との業務経験はどう役立つのか | トップページ | 「共に成長する」という視点 »

企業知財部と特許事務所との業務経験はどう役立つのか(補遺)

昨日書いた記事に、twitter上で結構なコメントをいただきましてありがとうございました。ちと記載不足の部分がありましたので、追記しておきます。

提案型営業については、実は私は大好きな領域でhappy01、隙あらばやっていますhappy02。とは言え、提案型営業が受け入れられるかどうかは、クライアントとの関係によるわけです。昨日の記事でご紹介した例は、発明者原稿の完成度が非常に高いこともあり、基本的に発明者との打ち合わせは行わずに、原稿の記載内容に基づいて明細書を作成することが求められています。このような考え方をされるクライアントは現実に何社もおられ、当然ながらそれはクライアントの知財ポリシーとしてある意味優れている(発明者教育がしっかりしている、権利取得の方針に対する指示がしっかりしている)わけです。この場合、提案型営業はなかなか受け入れていただけないだろうと思います。結局のところ、クライアントと特許事務所との間でコミュニケーションが円滑に行いうるならば、提案型営業にこだわる必要はなく、高品質な明細書作成業務を行いうるわけです。

ただ、自分は、発明者との打ち合わせを行い、企業の知財担当者から当該発明にかかる技術や業界の背景をお聞きし、この出願が当該企業の特許ポートフォリオにおいてどのような位置にあるのかを把握した上で、明細書作成業務をするのが一番得意ですし、さらに許されるならば、発明者ブレストにお邪魔して様々な提案をするところから関与したいと思っています。これ以上の提案型営業(当該企業の知財戦略なり知財管理なりに対してアドバイスをする)については、現状、そこまでの要望を持っておられる企業が少ないので、やりたい意欲はたくさんある(自分なりの自信もちょっとだけある)のですが、難しいですねぇ。

« 企業知財部と特許事務所との業務経験はどう役立つのか | トップページ | 「共に成長する」という視点 »

知的財産/特許」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 企業知財部と特許事務所との業務経験はどう役立つのか | トップページ | 「共に成長する」という視点 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ