« 未経験者の弁理士試験合格者のキャリアプラン | トップページ | 企業内弁理士という存在 »

弁理士は何業か

本日は、予定変更して、ちと思いついたことを。

私は折に触れて、弁理士は「サービス業」であると思っていると述べてきました。実際、アンケートなどで職業を聞かれると、堂々とサービス業のところに○を付けています。
一般的には、弁理士はいわゆる士業だと言われています。この士業という言葉の意味を私は今一つ明確に把握できていません。弁護士、公認会計士、税理士など、「士」という文字が含まれる資格を用いて生計を立てている人達を士業と言うようなのですが、当たり前のように資格毎に事情は随分異なり、上に書いた共通点以上の定義を私は見出していません。
結局、士業とは法律により守られた専権業務を業として行っている職業を指すんだろうと思うのですが、ニュアンスとして専権業務を既得権として考えている人々の集合体とも聞こえがちだと思っているので、私はあまり積極的に使っていません。

私が弁理士をサービス業だと思っているのは、弁理士業はクライアントたる発明者及び企業に対して明細書等の成果物を介して知財サービスを提供しており、最終的にはクライアントに満足していただくことが目的だと思うからです。ただ、サービス業というと、クライアントの言いなりに仕事をすることのように思われそうですが、弁理士には専門家としての矜持がありますから、弁理士のprofessionalismを発揮した上で最適なサービスを提供することがサービス業としての弁理士業だと思っています。

クライアントの満足というと、かなりの方が顧客満足度(CS)という言葉を思い浮かべられるのではないかと思います。顧客満足度の考え方は、そのまま適用しにくい(知財サービスは非定形業務ですから)と思いますが、顧客満足の重要性は弁理士業でも十分認識されるべきだと思います。
とは言え、殆どの弁理士は、意識していなくともfor the customerとして業務を遂行しています。目前の案件に全力を尽くせば、大抵は顧客のためになる仕事です。ただ、自分の意識とクライアントの意識との間に齟齬が生じていないかについて常に自問自答する謙虚さが必要だと思います。クライアントが何を求めているか、それを察知、探知する努力が必要です。

それを踏まえた上で、更なるadvantageを与える考え方があるんですが、それは企業秘密ということでcoldsweats01

« 未経験者の弁理士試験合格者のキャリアプラン | トップページ | 企業内弁理士という存在 »

知的財産/特許」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 未経験者の弁理士試験合格者のキャリアプラン | トップページ | 企業内弁理士という存在 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ