« 時事放談的な散漫な記事(続き) | トップページ | 発明者と企業知財担当者と特許事務所担当者と(謎) »

新規弁理士登録された皆様へのエール(なのか?)

ふとtwitterで「書く」と宣言してしまいましたのでcoldsweats01、ちょっと遅くなりましたが、4月に弁理士登録をされた皆さんに向けて、ちと辛口のお祝いを述べたいと思います。とは言っても、書く内容はこのBLOGでず~っと言ってることの焼き直しなので、非常に恥ずかしいですcoldsweats02

弁理士登録者数も昨年末で9,700人程度弱になっており、平成24年度弁理士試験合格者の方々が登録前研修を修了して登録をされると、いよいよ弁理士登録者数も1万人の大台を迎えると思っています。自分は四半世紀前に(何と!)弁理士登録をしていまして、その頃の弁理士登録者数は3,000人程度でした。その当時の特許+実用新案登録出願件数を足し合わせるとだいたい50万件弱ですので、25年間の間に弁理士登録者数は3倍強、出願件数は7割になった計算になります(詳細な数字は、以前のBLOG記事をご覧下さい)。一方、日本国特許庁を受理官庁とするPCT出願は、25年ほど前は1,500件前後であったのが最近のデータ(2011年データ)だと38,000件程度ですから、ざっと25倍程度に増加したことになります(この数字はWIPO IP STATISTICSに行くと、瞬時に教えてくれます)。なお、意匠登録出願件数や商標登録出願件数の推移は25年間にわたって統計数字を取っていないので何とも言えないところですが、2012年版特許行政年次報告書によると、ここ10年間の数字だと意匠登録出願件数は2004年の4万件をピークに2011年は3万件に減少し、また、ここ5年間の数字だと商標登録出願件数は2007年が約13万件だったのが2011年には約9万6千件に減少している(除くマドプロ)ようです。また、統計数字に出てこないのが日本の弁理士を経由して外国出願をした件数で、こればかりはいつも「わからない」という答えになります。ただ、さきほどのWIPO IP STATISTICSで、日本の特許出願を第一国出願とする外国パテントファミリーの件数を見ると、25年ほど前は4万5千件前後であったのが、2008年は7万2千件程度になっています(2011年の数字もあるのですが、パテントファミリーの集計がきちんとできていないようです)。

こんな数字を前にすると、「弁理士冬の時代」と言われることも信じられるように思います。噂レベルでは特許事務所員のリストラ、業務量削減による特許事務所閉鎖という話も聞きます。一方で、一つ前のBLOG記事にも書いたように、パテントサロンの求人スクエアを見ると、弁理士に関する求人は常時掲載されていますから(しかもリストラがあったという噂の特許事務所も)、本当のところはどうなんだろうという疑問は尽きません。

とは言え、上に書いた数字は事実を的確に表していると思いますので、新規に弁理士登録をされた方々にとって決して将来を楽観視できないだろうとは思います(このことは、新規登録された方々だけでなく弁理士全員の問題です)。

では、何をすべきか、については一つ前のBLOG記事に書いた内容と重複してしまうので、ちと精神論的な意味合いから、これからの業務をどのような心構えでしたらいいんだろうというお話をしたいと思います。

多数の資格者が競争している状況において、良く言われることは「自分なりのウリを見つけること」が勝ち抜く条件である、ということです。つまりは競争優位の条件を見つけるということです。とは言っても、「自分なりのウリ」はどこにあるのかを見つけ出すのは容易ではありません。弁理士業界全体を見ていると、一つ前のBLOG記事に書いたように、「自分なりのウリ」を外国出願に見いだすのか、あるいは、中小企業対応に見いだすのかがこのところのトレンドであるように思っています。ちょっと前は明細書や中間処理の質を「自分なりのウリ」にしている弁理士が多くいらっしゃったように記憶していますが、様々な特許事務所のHPを拝見すると、どの特許事務所も明細書、中間処理の質を謳っていますので、ある意味で競争は激しいと言えます。なお、明細書の質って何?という議論はさんざんしてますので、ここではスルーしますし、謳い文句と実際の業務の質との関係はどうであるかという議論も当然あるでしょう(大抵は一致していると思いますが)。

こうやって考えていると、「自分なりのウリ」を見つけ出し、それが競争優位の条件になって(差別化要因になって)成功へと導かれるまでには結構大変な努力が必要のようです。多くの同業者が一つの「ウリ」に殺到し、経営戦略の用語を使えば、ブルーオーシャン市場だと思って参入したらあっという間にレッドオーシャン市場になってしまうかもしれません。そして、次のブルーオーシャン市場を見つけたらまた…という循環になるかもしれません。

自分の経験からすると、「自分なりのウリ」を冷静に分析することは大前提として必須の作業ですから避けて通れませんが、競業者が少ない領域を狙って、その領域を「自分のウリ」だと思って実力を磨く作業は時に疲労感をもたらすようにも思います。何故なら、競業者が少ないと思った領域に多数の競業者が参入してきた時に、早期の参入により得られた利益(パイオニアの利益)をきちんと確保していかない限り、限られたパイを食い合う共食い状態になり、結果的に狙うべき領域の変更を余儀なくされるからです。ですから、これは実に当たり前のことなのですが、ある領域に参入したと決定した限りは、その領域において第一人者になるための努力を継続する必要があります。
もう一つ、「自分なりのウリ」が自分の資質なり興味とマッチしていないと、時に仕事が苦痛になってしまうことも起きるかもしれません。自分の場合、ソフトウェア関連特許の業務がメインですし、また、企業に対する知財コンサルタント業務もわずかながら行っていますが、これら業務は自分が心底楽しんで行える分野の業務ですから、業務が辛いと思っていてもそれを何とか乗り切る勇気なりやる気を持ち続けていられると思っています。仕事は楽しいことばかりでないのは事実です。しかし、どんな状態でも挫けずに続けられるのは、その仕事が自分の資質なり興味とマッチしている(と信じている)からです。
あともう一つ。自分はもう50歳を越えましたので、自分の仕事が社会にどのように貢献しているかということに大きく興味を持つようになりました。元々弁理士の業務は社会貢献に大きく資するものだと思います。これは、特許法1条の「産業の発達に貢献」という言葉を持ち出すまでもないことだと思います。自分が行っている業務がクライアントの製品や事業にどのように関連するのか、関連するのであれば、少しでもクライアントの事業に貢献できるにはどうしたらいいのかを考え続けていると、時に自分が社会に少しでも貢献できたかのような錯覚をします(錯覚で無いといいんですが)。ある意味で自分をそういったハイな状態に持って行くような作業は、辛い業務を少しでも和らげてくれます。
そして、クライアントの発明者や知財担当者が自分の業務で少しでも喜びを感じていただけるのならば、それは望外の喜びと言えます。裏返して言えば、そうやってクライアントに対して何らかのベネフィットを提供できる業務が「自分なりのウリ」になるんだろうと思っています(正確にはそう思ってないと仕事が続けられないcrying)。

かなり精神論に入り込んでしまって具体性がちっともないのですが、この業界の中でもかなりロートルの範疇に入ってしまった自分の、ちと辛口のエールだと思っていただければ、駄文を書いた意味があると思います。

と言うわけで、最後になりましたが、ようこそ弁理士業界へ。楽しく仕事をしましょう。まだまだ負けませんよscissors

« 時事放談的な散漫な記事(続き) | トップページ | 発明者と企業知財担当者と特許事務所担当者と(謎) »

知的財産/特許」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 時事放談的な散漫な記事(続き) | トップページ | 発明者と企業知財担当者と特許事務所担当者と(謎) »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ