« 独り立ちした後のアソシエイト | トップページ | 企業内弁理士と管理職 »

弁理士数と出願件数(また続き)

毎年恒例の(前年度データはこちら)、弁理士数と出願件数の統計について新しいデータ(2012年分)が公開されましたので、グラフ及びデータを更新します。で、更新したはいいんですが、傾向は全然変わっていません。特許出願件数は前年度比較で横ばいなんですが、弁理士数は順調に(?)増加していますので、弁理士1人あたりの出願件数は36件程度になりました。

20121

20122

この数字をどう解釈するかについては、今までBLOGであれこれお話ししてきましたが、私自身は決めてとなる方策を見いだしていません。どうしたものか…。

相変わらず、ファイルも公開します。
「2012.xlsx」をダウンロード


« 独り立ちした後のアソシエイト | トップページ | 企業内弁理士と管理職 »

知的財産/特許」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。。。
弁理士の方が増加することは、依頼人の立場からすれば、選択枝が増えて
いいことだと思えます。さらに、コンフリクトの問題も少なくなるかも。
次は、技術が進歩して、弁理士先生の取り扱える技術分野が狭くなっている
のではと思っています。(先生はそう思っていないかも知れませんが)
すでに、記事にも記載されていることかと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 独り立ちした後のアソシエイト | トップページ | 企業内弁理士と管理職 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ