« 弁理士の日企画「知財業界のトリビア」 | トップページ | グローバル企業の知的財産マネジメントに関するセミナー »

特定の出願だけを見て企業の知財戦略を語ること

特定の出願だけを見てその企業の知財戦略を語ることはできるのか。私は難しいと思っています。

企業がどのような思惑を持って特許出願をするかという契機というかインセンティブというか、これは実に多種多様だと思っています。特定のR&Dテーマについてブレストを開催し、綿密な先行技術調査を行った上で平面的、あるいは立体的な特許網を構築するために特許出願をするというストーリーは、非常に美談ではあるのですが、そういった契機に基づく特許出願が全てではないと思っています。とは言え、こういった平面的というか立体的というか、そういった特許網を形成する特許出願が何故出願されたかというストーリーは、特定の出願だけを見ていたのではなかなか想像し得ません。当然、どの程度の割合でこういったストーリーが成立するのかというのが正に知財戦略ですから、こういったストーリーを解き明かすことができれば、冒頭に書いた命題は解決しうると思います。

事前に特許取得までのストーリーを描きうることはなかなか難しいです。一番の理由は、審査官が引用する文献を先行技術調査時に完全に予測できないことにあると思います。これは、先行技術調査が杜撰であるわけではなく、特許庁の審査官が考える進歩性の幅に若干の幅があり、この幅に基づいて引用文献が選定されるからだと思っています。当然、予想通りの引用文献に基づく拒絶理由通知を受けることもありますし、この場合は、かねてから練ってある出願戦術(これは戦略ではありません)に基づいて粛々と中間処理手続を行います。

そもそも、企業の知財戦略は、出願公開の集合に対してマクロ的な観点とミクロ的な観点との双方から検討を行うべきものだと思っています。マクロ的な観点に基づく解析は、企業全体の特許出願の技術分野の傾向を特許分類に基づいて検討したものが含まれます。このあたりの解析は、近時のパテントマップソフトを用いれば大した手間がかからずに行えます。この際、特定企業の知財戦略をマクロ的な観点でアプーチする際に、競業他社のそれも同様の観点で解析すると、より深みのある解析ができます。

とは言え、マクロ的な観点と言っても、実は特許分類単位での解析では見えてこないことがあると思っています。それは、企業のR&Dテーマは、特許分類を細分化し、さらに、ピンポイントでこのテーマを選択した場合が結構ありますので、特許分類レベルでもまだマクロ的過ぎて企業の知財戦略が明瞭に解析できないことがあるのです。この場合、最近知財業界で注目を浴びているテキストマイニング、あるいはビッグデータ解析といった手法を用いて、特定の特許分類に属する特許出願から特徴的なテクニカルタームを抽出し、このテクニカルタームから企業のR&Dテーマを推測する手法がかなり有用だと思っています。また、各特許出願の類似性を(例えばツリー構造で)テキストマイニング等の手法を用いて解析し、一連の特許群を抽出するのも有用でしょう。ここまで来ると、少しミクロ的な観点に基づく解析になります。

さらに、こういった一連の特許群の中で、先行的な(多分に基本発明的な)特許出願を抽出し、この特許出願を中心とした個々の特許出願の関係を解析すると面白いと思います。このような解析は、いわゆるforward citation、backward citationの結果から求めることができます。このあたりになると徹底的なミクロ的な観点に基づく解析になります。

また、上に書いた一連の特許群に対応する(推測される)R&Dテーマと、当該企業の事業の内容とを対比し、事業の売り上げに対する特許群の個数を比較する、事業とはあまり関係性が見いだせない特許出願については、何故この特許出願がされたかを技術テーマの特性から推測する解析も重要です。

こういった多面的な解析ができてこそ、特定企業の知財戦略を解析できたと言え、研修の内容として十分なものであると思うのですが、果たして、ここまでやってる講師の方がおられるかどうか…私も時間があればやるんですけどね。

« 弁理士の日企画「知財業界のトリビア」 | トップページ | グローバル企業の知的財産マネジメントに関するセミナー »

知的財産/特許」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 弁理士の日企画「知財業界のトリビア」 | トップページ | グローバル企業の知的財産マネジメントに関するセミナー »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ