« 特定の出願だけを見て企業の知財戦略を語ること | トップページ | ”製造業のサービス化”の流れの中で、知財人財には何が求められるのか(仮) »

グローバル企業の知的財産マネジメントに関するセミナー

先週金曜日、知的財産研究所が開催したセミナー、「企業の知的財産戦略-特許の取得・活用と知財関連の社内組織のあり方を中心に-」に参加してきました。標題が示すとおり、参加者の方は企業知財部の方ばかりで、特許事務所勤務の人は多分私だけだと思います(とは言え、自分も心は企業知財部員でしたがcoldsweats01)。

講師は、日本IBMの知的財産部長であられる上野剛史氏、及び3Mジャパンの知的財産部長であられる赤澤大朗氏のお二方でした。奇しくも(いや、多分、主催者は意識的に)企業自体もグローバル企業であり、知的財産マネジメントもグローバルに運営されている2つの企業の知財責任者の方々で、講演いただいた内容も、グローバルな知的財産マネジメントに関することが中心でした。

とは言え、日本IBMはIT産業に属する企業であり、一方、3Mは素材産業に属する企業であり、さらには企業文化もかなり異なる(であろう)2つの企業ですので、知的財産マネジメントもかなり異なるものであったように感じました。

具体的には、今回のセミナーではオープンイノベーションに関する対応が主催者側から事前に指定されていたようで、日本IBMが考えるオープンイノベーションと3Mが考えるオープンイノベーションについてのお話がありました。上野氏は、オープンイノベーションに関してミドルウェアの例を挙げておられました。つまり、ハードウェアとソフトウェアと繋ぐのがミドルウェアであり、IBMとしては、クローズドとオープンを繋ぐミドルウェア的な活動を重視されているというお話でした。

私はこの話を聞いて、IBMとしては相互互換性(Interoperability)についてfocusされているのだと理解しました。Interoperabilityという用語は、Microsoft社が使うときは「お前のソフトウェアも使わせろ」的な意味合いで使われるように思うのですが(苦笑)、IBMの場合、システムインテグレーションの際にもLinuxサーバを結構積極的に使っており、このLinuxサーバをIBM社のメインフレームと一緒に使うとき(あるいはメインフレームの互換としてLinuxサーバを使うとき)の互換性(つまりはミドルウェア)をどのように担保するかという観点でオープンイノベーションを捉えているのだと思います。

IT産業の場合、システムインテグレーションの対象となる全ての機器を自社が製造するという図式はもはや成立しない時代です。他社の最適な機器を用いて所望のシステムを構築するという観点が重要視される中、IBMとしても他社の優秀な知的財産(それは例えばLinuxだったりするわけです)を適切に利用し、スピードと性能とを両立させるシステムインテグレーションを実現することが大切です。こういった観点から、オープンソースを含めたオープンイノベーションを実現することが重要になります。また、IBMとしては現在はリスクマネジメントの観点から(主に包括的な)クロスライセンスを重要視し、設計の自由度を確保する方針でおられるとのことです。

一方、3Mの場合、「社内オープンイノベーション」という言葉が3M内であるそうで、つまり、技術のシーズが社内に数多く蓄積されており、さらに、いわゆる15%ルールに代表されるように、社内の研究者が、自分がassignされているプロジェクト以外のテーマに(就業時間内で)ついて研究する自由がある(日本だとUnder the Tableと言われますが、3Mでは堂々とやるわけです)ので、社内において思いがけないcollaborationというか、掛け合わせが成立しうるようです。この辺り、いわゆる研究者内であれば誰が提案した発明提案書であっても閲覧することができるようで、IBMの場合には「限られたメンバー以外は閲覧できません」と仰っていたことと対照的でした。

3Mの場合、「テクノロジープラットフォーム」と呼ばれる技術基盤が42もあるそうで、つまりは、3Mが属する素材産業の場合、1つの技術シーズが多面的に展開しうる特性を持っています。赤澤氏が例に出していたのが、微細フレネル・レンズを製作するための表面微細加工技術が、フレネル・レンズ以外の様々な応用分野を生み出しているとのことです。こう考えると、1つの技術シーズが思いがけない応用分野を生み出す、さらには、社内に優秀な技術シーズが多数存在する(であろう)3Mにおいて、社内のcollaborationをまず重視する姿勢に立つことは、実に自然の流れだろうと思います。

こういった両社の姿勢の差がよく現れたこととして、社内において似たような発明提案書が別のプロジェクトから生じた場合にどう対応するか、という質問への回答がありました。IBMの場合、一つのシステムを複数のチームで並行して開発することはあるが、それぞれのチームの役割が異なるので、あまりそういった事例がないようなことを上野氏は仰っていていました。一方、3Mでは、上述したように発明提案書がオープンであること、さらには全世界を統括する知的財産部が存在することなどから、似たような発明提案書が提案されたときは、世界的な観点からどの国で最先に出願するかを決定すると赤澤氏は仰っていました。

多分に、この辺りの議論は、全世界的にR&Dをどのように管理するかという考えが異なることと、所属する産業が異なることとが関与すると思います。

なかなか興味深い議論が多数あり、久し振りに企業の知的財産マネジメントを考察する機会が得られて大変楽しかったです。こう考えると、やはり私は企業にいて知的財産管理をするのが性に合っているという感が強くなりました…とは言え、一つの企業に縛られずに様々な仕事をしたいと思って企業を飛び出したわけですし、もう少しやり残したことがありますので、まぁ、とりあえず今の仕事を続けないと、なんでしょうねぇdespair

« 特定の出願だけを見て企業の知財戦略を語ること | トップページ | ”製造業のサービス化”の流れの中で、知財人財には何が求められるのか(仮) »

知的財産/特許」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 特定の出願だけを見て企業の知財戦略を語ること | トップページ | ”製造業のサービス化”の流れの中で、知財人財には何が求められるのか(仮) »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ