« IoTと特許(覚え書き) | トップページ

ベンチャー企業と普通の企業と特許事務所(意味不明)

もう夜中なので殴り書き程度にcoldsweats01

企業に勤務して、一応中間管理職に就いた私は、自分の後継者を育てるのも管理職の職務であること、また、仕事の内容を自分だけがわかる状況にしないこと(突然入院とかしても誰かが代わってくれること)を教えられました。結果的に自分のポストは組織改編でなくなってしまったので後継者を育てるまでには至らなかったのですが、私の仕事の内容を自分の部署の同僚がトレースできる状態にしておくというのは、当たり前ですが今でもコツコツと継続して実施しています。

とは言え、この作業は意外と手間のかかるものでして、ヒューマンリソースも時間もそれなりに必要とします。

今、とあるベンチャー企業と知財関係での付き合いがありまして、このベンチャー企業での業務の進め方を見ていると、こういった業務の継続性であるとか後進への財産の相続性であるとかをある程度犠牲にして、スピード重視で業務を進めているという印象を受けています。逆に言えば、専門知識や人材を外部から調達することで、社内に一定の財産を蓄積する時間を省いているように見えます。あるいは適切にアウトソーシングすることで、社内に部署や業務を作らない工夫をしているように見えます。

この考え方は合理的なものであると思いますが、企業の継続性という観点からはどこかで考え方を変えざるを得ない時期がいつか来るとも思います。当然、その時期になるともうベンチャー企業とは呼べないわけですが。

さて、こう考えると、特許事務所はベンチャー企業でも普通の企業でもないと思っています。それは、業務が非常に属人的であり、また、弁理士業界の人材流動性は非常に高いので、専門知識を有するヒューマンリソースを外部から調達することが比較的容易ですから、特許事務所内において人材育成に割く時間を確保せずとも業務を遂行することができるからです。一方、案件単位の継続時間は長い(特許だと数年単位)ですから、業務の継続性は地味に必要なのですが、先程言ったように、弁理士業界の人材流動性は非常に高いので、業務の継続性を確保するためにはそれなりの努力が必要です。

業務が非常に属人的であることと業務の継続性を確保することとは、弁理士が長期間に亘って勤務するならば両立は簡単ですが、人材流動性が高いことでこの前提が崩れてきます。かつては、業務の継続性を担保するために大量の紙ドキュメントを包袋内に保管していたわけですが、ペーパーレス時代においてそのようなやり方はあまり好ましくありません。必要なデータなりドキュメントを比較的長期間(とはいえせいぜい10年程度)保管し、所内の誰もがアクセスできる環境を整えるという観点を持っている事務所はかなり少数派であるように思います。

もう一つの後進を育てるという観点は、特許事務所だとなかなか持てないように思います。それは、先程言った、業務が非常に属人的であることと、事務所内での人事異動がそれほどない(そもそもポスト自体が少ない)ので、後進を育てる必要がどの程度あるかということが理由のように思います。当然、所内の担当者の業務能力の育成、向上はどの事務所でも行っていることだと思いますが、自分が担当しているクライアントの案件をいずれ誰かに引き継ぐという発想はなかなか持てないように思います。

しかしながら、これこそが業務の継続性だと思うわけで、この発想を特許事務所にどうやって取り入れるかってのは非常に難しい問いだと思っています。

とりとめのない話で失礼wink

« IoTと特許(覚え書き) | トップページ

企業経営・技術経営」カテゴリの記事

知的財産/特許」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« IoTと特許(覚え書き) | トップページ

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ