ウェブログ・ココログ関連

別館のBLOGを開きました

本日は簡単なご報告を。

このBLOGはそもそも知財の話題を書くつもりで開設したのですが、それ以外にも趣味の話や子供の話もしようと思っていて(実際に時々書いてもいますし)、その意味を込めて「徒然知財時々日記」という題名をつけました。そのうち、知財の話題や技術経営の話題が面白くなり、立て続けに記事を投稿しているうちに、それ以外の話題を書くのにためらうようになりました。直接コメントでいただいているわけではないものの、あまり一般の話題に対して検索をかけられておいでいただいているようにも見えませんし、記事の総数で知財や技術経営の話題が多いこともありますが、やはりパテントサロン経由、あるいはこのBLOGをブックマーク等されて直接おいでいただく確率が高いので、もしこういった方が知財や技術経営以外の話題をご覧になったときにがっかりするのでは、と思うのです。

一方で、ネタ切れとは言わないものの、知財や技術経営以外の話題も書きたい衝動に駆られるようになり、何となく欲求不満がたまっていましたので、それでは思い切って趣味などに特化した別館を開こうと思い立ち、開くことにしました。まだ、記事は全然たまっていないので、期待されておいでいただいてもまだがっかりされるかもしれません。更新頻度もあまり期待されないように。当然、趣味のBLOGですから、パテントサロンさんに登録をお願いすることもありません。細々とできればいいと思っていますので、気が向かれたときにおいでいただけるとうれしいですhappy01

BLOGを書く態度

最近、知財に関する報道が新聞等で以前より頻繁になされるようになり、それだけ世間の認知度が高くなったのだと思っています。で、知財関連のBLOGを見ていると、この新聞等での報道を見て、それに対する感想を述べているのは良いのですが、報道の元となっている政府機関等の発表であるとかプレスリリース等を見ずにあれこれと批評しているのを散見します。

例えば、「薬の服用法にも特許…政府方針」というネット記事が先日出ました。この記事は、知的財産戦略本部の先端医療特許検討委員会が出した報告書に基づくものなのですが、この報告書を見てあれこれ批評をしていると思われるBLOG記事は限られています。そして、報告書を見ずして「特許権侵害はどうするのだろう」といった批評をしているわけです。

たかがBLOGと言う人もいるでしょう。しかし、このネット社会ではBLOGも時に世論を喚起する力を持ちますし、BLOGを読んで自分の情報とする人も多いわけです。

自分がBLOGを書く時、何かしらの情報を引用する場合はできるだけ1次情報に基づき、しかもその1次情報をきちんと読み込んで内容を把握してから引用するようにしています。それは、情報を提供する場合の最低限のマナーであると共に、misleadしないためのものでもあります。1次情報に当たれ、というのは会社生活をしていると自然とたたき込まれるものだと思うのですが…。

知財系ブログの相互交流をしましょう

今日は短めで。

このBLOGは、パテントサロンのパテントリンクの知財系ブログというところに紹介されています。このリンクからこのBLOGに来ていただいている方も多いかと思います。この知財系ブログに紹介されているBLOG、結構な数があります(実数を数えてみたことはありませんが)。他に、ロボットエンジン等で検索しているのか、お願いをしていないのにご丁寧に新着記事があると掲載していただいているサイトがあります。このサイトを見ていると、知財関係のブログがものすごい量あるのがよくわかります。

知財系ブログがこれだけの数あるのですが、自分も含めてブログの著者の間でトラックバック(トラックバックって何?という質問はしないでくださいねhappy01)をするとか記事の引用をするとか(感想も含めて)あまり交流がないな、という感想があります。自分のBLOGの場合、かつては限られた方だけに公開していた関係があり、トラックバックは自分のBLOGが公になってしまうのでご遠慮いただいていた経緯があるので、今も何となくトラックバック禁止にしています(Googleからも見え見えですので今更トラックバック禁止を継続していても大した意味がないんですがcoldsweats01)。

知的財産というのは独占排他権を背景にしているのですが、一方で知識の流通のためには知識を一カ所に固定して流動化させないのは知の衰退を招きます。従って、知的財産は活用してナンボ、という側面を持っているのも事実です。こう考えると、知的財産を扱っている人こそ自分の知識を流動化させ、他人の知識も上手に利用するべきではないか、と思います。Mashupといったことまでは要求しませんから、知の交流がもっと広がることを期待します。

でも、もしかしたら、著作権を知りすぎているがために引用をできるだけ避けようという考えがあるとか…?smile

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ